敢えて私達がブライトリング・BREITLINGを選択したい理由

いろいろな高級時計のある中、敢えてブライトリング・BREITLINGを選択する理由はなぜなのでしょうか。そこにはブライトリング・BREITLINGならではの歴史性があります。

ブライトリング・BREITLINGが欲しい理由

なんで、多くの人たちがブライトリング・BREITLINGを求めているのかといえば、そこには、ブライトリング・BREITLINGがもたらす哲学があるからではないでしょうか。 「時計ではない。計器である。」というのは、まさにブライトリング・BREITLINGの哲学であり、 プロフェッショナルのための計器を作っているブライトリング・BREITLINGを象徴している言葉です。 ただ単に、高級時計ということでブライトリング・BREITLINGを知っている人たちは多いですが、実際にその人たちがブライトリング・BREITLINGの真実を知っている訳ではありません。 ブライトリング・BREITLINGをもっと奥深く知れば、敢えて欲しい高級時計だということを実感することができるでしょう。

ブライトリング・BREITLINGはなんで誕生したのか

ブライトリング・BREITLINGは 1884年、「精密機器」を製造する工房からスタートします。 創業当初から、ブライトリング・BREITLINGは、懐中型のクロノグラフとストップウォッチを中心として時計を作り続け、既に多くの賞を受賞し続けていました。 特にその頃より、ブライトリング・BREITLINGは、スピードを計測する機器のレベルの高い性能について最大に評価され、警察に正式採用されるほどの品質だったのです。 まさに、このあたりには既に、ブライトリング・BREITLINGの時計ではなく計器である理念のルーツを見つけることができます。

パイロット用懐中クロノグラフの製作を開始

その後、ブライトリング・BREITLINGは、パイロット用懐中クロノグラフの製作をスタートすることになります。ここあたりから、ブライトリング・BREITLINGは、パイロットウォッチとしての礎を築くことになります。 創業者であるレオン・ブライトリングは54歳でなくなってしまうことになりますが、次に息子の、ガストン・ブライトリングが受け継ぐことになり、 ワンプッシュ・クロノグラフなどが開発されて行くことになります。それが、現在のクロノグラフ腕時計の原型と言えるモデルです。 更に、3代目となるレオンの孫ウィリー・ブライトリングによって、 ブライトリング・BREITLINGにおいて、40種類以上にも及ぶクロノグラフのモデルが開発されることになります。 ブライトリング・BREITLING、そこにある魅力は、まさに彼らによる時計に対しての探求心の歴史です。