ブライトリングとは

現代社会において、オシャレな人たちは、やっぱりブライトリンクのナビタイマーを求めているようです。ブライトリンクを求めているということは、もちろん時計好きな方々であることは間違いがありませんが、しかしプラスαファッションをいつも意識している人たちが、このブランドを求めている傾向が高いようです。

つまり、その高いファッションセンスでトータルコーディネートが既にあり、そこにマッチしている時計が何かということを追求した結果、ブライトリンクが選ばれているのです。ブライトリンクのナビタイマーには、どうしてそのような惹きつける魅力が存在しているのでしょうか。

ブライトリンクのナビタイマーに多くの人たちが魅了されているのは、やはりそこに素晴らしいデザインが存在しているからです。ナビタイマーといえば、1952年に発表され、当時はまだ自動巻クロノグラフが登場してない時代なので、手巻式クロノグラフでした。そのあとで、自動巻化や、日付の有無の変更、更にインダイヤルの位置の変更など、いろいろと変わることもありましたが、基本的なデザインテイストには大きな変更はなく、現在にいたり、移ろいやすい現代社会において、変わらないことに対して私達は安堵感を抱いているのではないでしょうか。

みなさんが、ブライトリンクのナビタイマーを求めている理由は、そのデザインが、 発売当初からのデザインであり、昔からここに完成したデザインが存在しているからなのです。文字盤をケース一杯に広がる視認性の高さ、航空に必要な計算尺のスケールが描かれた文字盤や、回転しやすく凹凸のつけられた回転ベゼルと言ったものは、やはり、メカニックテイスト感が好きな男性たちを惹きつけて離さないデザインです。

もちろん、ウォッチを愛する人たちは、バンドも愛し、ブライトリンクが人たちを魅了するのも、ウォッチ本体とバンドのマッチングからともいうことが出来ます。メタルバンド式にしようか、革ベルト式にしようか迷っている人たちも相当多いのではないでしょうか。それは決してどうでもいい問題なんかではないのです。

しかし、結果どちらを選択しても抜群の相性を誇っていることは間違いありません。それこそ、ブライトリンクのナビタイマーが、全体を通してバランス性に優れていることを語っています。

ブライトリンクのナビタイマーのためにデザインされたメタルバンドである「ナビタイマーブレスレット」は、7列のパーツを並べた特有のブレスレットです。ブレスレットにも、しっかりと拘りとオリジナリティーを持つ会社こそがブライトリンクです。高級感のあるデザインを、メタルバンドで堪能でき、 革ベルトを選ばれた方は、よりアビエーションテイストとクラシックテイストを味わうことが出来ます。

かつてETA7750ベースのムーブメントやETA2892A2にケレックモジュールを搭載したムーブメントを採用していましたが、現行モデルのナビタイマーには自社製ムーブメントが搭載されています。

ブライトリンクは、変わらないものと変わるものが見事に融合して調和しているウォッチです。 更にブライトリンクの細部を追っていきましょう。ブライトリンクって、果たしてどの程度の価格で購入出来るのでしょうか。


ブライトリングの買取 - 時計買取ならGINZA RASIN

ブライトリングの買取実績はこちら